ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン

WORKS TOP

DESCRIPTION

埼玉県所沢市に誕生した、株式会社KADOKAWA(以下、KADOKAWA)によるポップカルチャーの発信拠点「ところざわサクラタウン」。本施設は、所沢市とKADOKAWAの共同プロジェクトである、文化と自然が共生した誰もが”住んでみたい” ”訪れてみたい”地域づくりを進める「COOL JAPAN FOREST 構想」の拠点である。

ソニーPCLは、「ところざわサクラタウン」内にある大小2つのイベントホール「ジャパンパビリオン」の空間設計におけるコンサルティング、空間ディレクションといったホール運営に欠かせない機能を備えた空間づくりのトータルプロデュースを手掛けている。また、オープン以降の施設運営計画を策定し、各ホールでのイベントだけでなく、ジャパンパビリオンを核に千人テラスや中央広場といったサクラタウン内の周辺施設と連携した複合イベント展開を想定してホール運営をバックアップ。日本のポップカルチャーが楽しめる多目的ホールとして、eスポーツから2.5次元ミュージカル、ライブコンサートまで様々なコンテンツに対応する演出が可能な空間として施工されている。

CREDIT

クライアント:株式会社KADOKAWA

空間プロデュース:ソニーPCL株式会社 
設計コンサルティング、設計施工:ソニーPCL株式会社
照明設備:株式会社共立、丸茂電機株式会社
音響設備:株式会社東京音響通信研究所(東京音研)
デジタルシネマシステム(ホールB):ソニービジネスソリューション株式会社
劇場設計コンサルティング:株式会社シアターワークショップ

ところざわサクラタウン 施設レンタルのご案内
https://tokorozawa-sakuratown.jp/eventspace/rental.html