NEWS

「第2回 4K・8K映像技術展」出展について

ソニーPCLは、2019年7月17日(水)から7月19日(金)に、江東区の東京ビッグサイト/青海展示棟で開催される「通信・放送Week2019 / 第2回 4K・8K映像技術展」に出展致します。
当社のスタジオ部門はこれまで、先端テクノロジーに独自のテクニックを組み合わせることで、高品質かつパフォーマンスの高いワークフローをデザインしてきました。今回の展示では特に4K/HDRマスター制作にフォーカスをあて、”既存インフラを使用した映像制作フロー“や”完成済みのコンテンツをアップグレードするための取り組み“などを紹介致します。またソニー初の8Kテレビ ブラビアR MASTER Series 『Z9G』の参考出展や、当社が開発中の”クラウドポスプロ(仮称)“を基に当社が考えるスタジオワークの将来像の共有も予定しています。


主な展示内容
・コンテンツ高画質化ソリューション「RS+」を活用した4K/HDRマスター制作の提案
・高効率なスタジオワークフローの提案:HDR/SDRマスター同時制作工程など
・独自アルゴリズムによる階調ノイズ低減「PixelShakeR」の紹介
・制作者の意図を損なわない効率的な放送用「HLG」マスター作成の紹介
・4K放送を見据えたインターレース素材のプログレッシブ変換最新ソリューション紹介 


*プログラム内容は、予定により変更となる場合があります。
*招待状をお持ちでない方は、当日は以下サイトにて事前登録の上、会場受付までお名刺をご持参ください。
 https://contact.reedexpo.co.jp/expo/FOE/?lg=jp&tp=inv&ec=FOE&em=4K8K-web&scroller