• Pinterest

GINZA PLACE [NISSAN CROSSING]

WORKS TOP

2016年9月24日に銀座にオープンした日産自動車のショールーム「NISSAN CROSSING」。
この場所に、ソニーPCLはLEDを組み込んだ大型透明ディスプレイを使用したスペース演出を提案。様々な映像を映し出す「G-SMATT GLASS」を同2階ガラス面に設置された「バーチャルファサード」へ導入するための企画とサポートを行なった。ショールーム2Fの窓際に透明ディスプレイを設置することで、昼夜問わず光の演出が可能となり、スタイリッシュなテクスチャデザインや時刻・ロゴ等のテキスト情報を映し出し、銀座四丁目交差点にて人目を引いている。

日産自動車株式会社 グローバルエンゲージメント部 近藤俊二様のコメント
「NISSAN CROSSING」は、「今までなかったワクワクを。」という日産のブランド価値をお客様に発信していく拠点として、先進性を表現する多様な最先端技術へのチャレンジを行っています。中でも建物2階の窓面に設置した「バーチャルファサード」は、アイキャッチ効果が高く、銀座四丁目の交差点を行きかう人々に「NISSAN CROSSING」の存在を直感的に訴える重要なタッチポイントとなっています。
ソニーPCLからの提案によりG-SMATT GLASSをこの「バーチャルファサード」に採用したことで、透明のガラスに透明のガラスに映し出された映像と、そのガラスを通して見える室内のインテリアが織りなす3次元の空間表現が可能になりました。建物外観と多彩な映像が交わり生み出される情景の変化は、常に進化を目指す日産ブランドの象徴となっています。

クライアント:日産自動車株式会社、株式会社丹青社

LEDディスプレイ企画デザイン・設計:ソニーPCL