主なカテゴリ
  • ホーム
  • 会社概要
  • 採用情報
  • プレスリリース
  • お問い合わせ
  • English

2016年6月29日

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段展2016」 4K/ハイレゾコンテンツ上映のお知らせ


ソニーPCLは2016年7月1日(金)より目黒雅叙園(東京都目黒区)にて開催される「和のあかり×百段階段展2016」にて、4K /ハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)コンテンツを上映いたします。 筒井時正玩具花火製造所(福岡県みやま市)が、継承してきた伝統的な日本の線香花火をタイトルに掲げ、その美しさや儚さ、奥深さを感じさせる演出を施し、映像は4K / ハイスピード、音声はハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)で収録しました。映像演出から上映までをソニーPCLが一貫して行なった作品です。



 

Sony PCL Presents
ハイレゾで詠う4K映像歌
「0.08gのひかり」
~線香花火 300年受け継がれる和のこころ~






たった0.08グラムの火薬の中に多くの思いが詰まり、その少量の火薬が燃え盛ることで生じる線香花火の輝きは、人の一生に置き例えられるほど儚く美しいものです。今回、ソニーPCLはその儚いながらに煌びやかな光を発する線香花火を、映像は4K/ハイスピード、音声はハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)で収録。音声を可視化するビジュアライゼーションも施し、本作のオープニングをCGで彩りました。 命を吹き込まれたばかりの「蕾」、はつらつとした青春時代を思わせる「牡丹」、様々な喜びと共に生き生きと光る「松葉」、静かでありながら芯の美しさを感じさせる「散り菊」、それぞれのEpisodeが織り成す一期一会の輝きと音色に真摯に向き合うことで、日本人に刻まれている和の心を呼び覚まします。


 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

web限定!バイノーラル録音で楽しむ線香花火(※1)
本作品はハイレゾのほか、バイノーラル録音専用マイクでの収音を行なっています。ウェブサイト上の映像は、ヘッドホン等をご利用いただくことで、バイノーラル録音による演出効果をお楽しみいただけます。
※1 ウェブサイト上の本作品はハイレゾではありません。

4K
フルHD(1,920×1,080)と比較して、4倍以上の画素数(4,096×2,160や3,840×2,160)を有している高精細映像(※2)。本作品では、8KCMOSイメージセンサーを搭載したソニー製CineAlta 4Kカメラ「F65」での撮影を実施。120フレーム/秒のハイスピード収録を加えることで、線香花火のはじける火花や、肉眼で捉えることが難しい中心の火の球の様子を鮮明に捉えました。
※2 本作品は3,840×2,160で上映しています。




ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)
96kHz /24bit、192kHz/24bitなど、CDのスペック(44.1kHz/16bit など)を超える音源のこと。ソニーPCLでは、線香花火が持つ高周波に注目。本作品では、100kHzまでの周波数特性を持つ三研マイクロホンの「CO-100K」などで収音、目黒雅叙園会場では、ソニー製3ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS3」で再生するなど、ハイレゾのスペックを存分に惹きだしています。




バイノーラル録音
収音専用に作られた頭部模型(ダミーヘッド)の鼓膜部分に、マイクを埋め込み録音する技法。顔の各所で起こる反射や、わずかな音のズレなどを認識し、立体的に録音することが可能です。本作品では、線香花火を極力マイクに近づけるなど、映像の世界観にマッチした収音を実施。実体験では味わえない距離感やサウンドをお楽しみいただけます(※3)。
※3 視聴にはヘッドホンなどが必要です。
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Staff
相澤 隆(Takashi Aizawa) 青木 和哉(Kazuya Aoki ) 池間 克明(Katsuaki Ikema) 小澤 孝明(Takaaki Ozawa)
金子 友美(Tomomi Kaneko) 喜多 真一(Shinichi Kita) 桑原 惇(Atsushi Kuwabara) 諏佐 佳紀(Yoshinori Susa)
田鎖 由莉(Yuri Takusari) 田添 利世 (Risei Tazoe) 長谷川 有里(Yuri Hasegawa) 原 朋弘(Tomohiro Hara) 
増田 靖(Yasushi Masuda) 松居 顕太郎(Kentaro Matsui)

Executive producer 鏑木 義人(Yoshito Kaburagi)
Creative director 宇城 秀紀(Hidenori Ushiro)
*Special Thanks Calligraphy 美帆(Miho)


   

   

   

 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント開催概要
・名称
 アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~
 ホームページ:http://www.megurogajoen.co.jp/event/wanoakari/
・会期
 2016年7月1日(金)~8月28日(日)
・会場
 目黒雅叙園 文化財「百段階段」
 東京都目黒区下目黒1-8-1(目黒駅より徒歩3分)


筒井時正玩具花火製造所株式会社
子供向け玩具花火製造で87年。国内に3社しかない国内線香花火の製造所でもある。今から17年前、当時国内唯一の線香花火製造所(福岡県八女市)が廃業、日本の線香花火は消えてしまったと思われていた。しかし、3代目筒井良太が線香花火の製造技術継承のためにその製造所で修行し、製造所の廃業と同時にすべてを引き継ぎ現在に到る。


 




・ソニーPCLは日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品にこのロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。
・記載されている名称等は、一般に各社の商標または登録商標です。